DTM, Mac

DTM

色々と今後のことを考えつつ音作り環境も、ここ半年ほど掛けての中で整えております。

DTM的なことに興味を持ちだしたのは、おそらくもう15年以上前かと。当時iMac G3に友達がCUBASEを入れてくれ訳も分からず遊んでみました。クラブで定期的にDJをやっていたのでREMIXを自分で作ってみたかったのだが、まわりでDTMを本格的にやっている人も居なかったので解らないことだらけで大変でした。サンプラーすら使ったこともなかったので、オーディオ貼り付けぶつ切りそれっぽく遊んではみたが、MIDIもよく解ってなかったしVSTってなに?ASIO? そんな感じでした。。

その後、Mac買い替えなどもありLogic Audio BIGBOX(だったかな?)という、当時のLogicシリーズの中では一番安く(それでも6万くらい?)入門的なのを購入し勉強し始めました。当時はまだLogicはEmagic社(※後にAppleが買収)でしたが、なぜLogicを選んだのかは失念。。当時はアップグレードも高く順調に上げれなかったので、Logic Audio(3とか?)→Logic Express(6とか?)→Logic Pro8(アップグレード)かなり曖昧な記憶だがおそらくこんな感じ。Appleが買収したり、Audio Unitsで便利だったりもあるが、なぜか他のDAWには浮気しなかった。

DTMステーションの藤本健さんがLogic Studio発売時のレビューを細かく掲載してらっしゃいましたね!当時はインストールするのも面倒だったのを思い出しました。

Logic Pro8が2007年で、そこから止まってしまいました。。ちょっと作っては他のことに興味を持ち出しDTM自体やらなくなったり、たまにやっては挫折したりの繰り返しでした。(笑作ったトラックをクラブでかけても、思った通りの音にならなかったり、突き詰めきれなかったんですね。そしてまたしばらく放置してMac買い替えたりOSアップデートしてたらLogc Pro8が使えない環境になってしまっていた。。。(笑

 

続きは後日。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中